技術

革新的なペプチド合成基盤技術が医薬品の高付加価値化と経済性の両立を可能にします

付加価値を与える新規ペプチド創薬技術

本技術はペプチドに立体制約を導入するための新規ペプチド修飾技術です。

上市品やこれまでに開発段階に進んでいるペプチド医薬品の多くはホルモンなどの天然型配列をベースにD型アミノ酸に代表される非天然アミノ酸を置換することで薬理機能の最適化と安定性の向上を図ってきました。

最近では、これら従来のアミノ酸置換による配列最適化に加え、ディスプレイ技術を中心とする探索技術の発展から環状化構造をペプチドに導入することでペプチドの構造に制約を付与し、標的選択性などの医薬品としての特性向上を図ることの重要性が認知されてきています。

当社ではMolecular Hiving™技術を確立することにより従来のペプチド合成技術では困難であった構造修飾が可能になりました。具体的には、Peptune™技術は、

「溶解状態で反応を実施できる」
「反応工程の分析が容易である」

というMolecular Hiving™の特徴を生かし、低分子化学合成では一般的であったが、ペプチドには応用できなかった有機合成反応を利用し、2級アミンを有する架橋構造をペプチドに導入することを可能にしています。

Peptune™は従来技術にない2つの利点を有しております。

1. 主配列は同一だが異なる立体制約を導入したライブラリーを構築できる

異なるスペーサーを含む架橋用アミノ酸を導入したペプチドフラグメントのライブラリーを作成し、それらを組み合わせることで、架橋位置は同じでも立体制約の異なるペプチドライブラリーを調整することが可能となります。

当社は親配列となる活性ペプチドに架橋構造を導入したライブラリーの中から標的選択性などの医薬品としての特性に優れたペプチドの探索を進めております。

2. 架橋構造上で別の分子と共有結合が可能

架橋構造中に2級アミノ基を有することがPeptune™のもう一つの特徴です。従来の架橋構造導入技術では一定の立体制約を導入することは可能でしたが、架橋上で別分子と結合させることは困難でした。Peptune™化されたペプチドは確立された化学反応により、別の機能性を有する分子との共有結合体を簡便に合成できます。

当社は、ペプチド-薬物結合体などに代表される、ペプチドの有する機能と低分子化合物、その他の機能性分子の有する機能の特徴を兼ねそろえた新薬候補品分子を創出させるべく研究活動を進めております。

特徴

  • ペプチド内の2つの任意のアミノ酸を独自の架橋導入アミノ酸に置換することで、異なる立体制約を持ったペプチド誘導体を創出できる
  • 架橋上の反応点を介してペプチドに別の分子を結合できる

利点

  • 立体制約により、従来ではコントロールできなかった標的選択性などの医薬品特性を向上させられる
  • ペプチド-薬物結合体などの高度な機能性ペプチドを創出できる

従来では不可能であった新規メディシナルケミストリーをペプチド分子に
持ち込むことで特許化可能な優れた新薬候補品の創出が可能となる

Page top