Molecular Hiving™

疎水性タグを利用した高効率ペプチド製造技術

従来のペプチド製造の標準技術であった固相合成法と液相合成法の利点を併せ持つ、新世代ペプチド合成技術です。特許保護された疎水性タグと反応溶媒の選択より、ペプチドの可溶化と不溶化を可逆的にコントロールし、効率的な合成反応と簡便な分離精製を両立できることを特徴としています。その結果、従来技術に比較し高品質・低コストでの原薬製造を実現します。

完全に溶解した均一状態でペプチドを合成できるため、合成反応に用いる原材料を過剰に必要とせず、高い反応効率を有します。また工程分析が容易なため、未反応のまま次工程に進むこと、あるいは過剰な反応による不純物を発生を避けることが可能となります。

特徴

  • 疎水性タグの構造がシンプルかつ安価(特許権利化済み)
  • 疎水性タグは固相合成における樹脂のように働くが、均一系の反応溶液内で溶解し、高い反応効率を実現
  • 分離工程では溶液中からペプチドのみの分離が簡単に可能

利点

  • 反応効率が高いため原材料を過剰に使用しないで済む
  • In-Process Controlが容易であり、工程ごとの不純物制御が可能
  • あらかじめ純度の高いペプチドを合成できるため、精製段階でのロスが少ない
MOLECULAR HIVING™ 技術により、
高品質、短期間、
低コストのペプチド原薬が製造可能